再発の可能性

癌を発症してしまい、手術を受け摘出したが、わずかに残ったものや再度癌が発症してしまった場合のことを再発といいます。この再発の中には転移も含まれます。転移とは、癌が別の場所に転移したことを指します。最初に発生した場所から別の場所に移ることがまれにあります。例えば、胸に発症した乳がんを乳房ごと摘出し、改善したかのように見えても、血液やリンパに入り込んでしまい流れにのって内蔵や胃などの別の臓器に移ってしまうのです。転移してしまった癌は、再度摘出する必要がありますが、転移の発見が遅れたり、悪性化したりした場合は死に至る危険性があるため注意が必要です。クリニックでは、このように癌が転移する可能性があることを踏まえ、癌の摘出手術に成功した後も定期的に検査を行ないます。油断することなく癌の早期発見に備えることで転移や再発した癌もはやめに摘出し、命を守ることができるのです。

癌の再発や転移が見つかっても、心配することはありません。現代では医学の技術が進歩しているので、効果のある手術方法がたくさん開発されています。中には、患者の気持ちを優先した治療方法で、副作用や後遺症があまり出ないようなものもあります。癌と向き合うための心構えやカウンセリングを施しているクリニックもあります。自分のライフスタイルや今後のことを優先した治療を受けることが大切です。また、癌の治療には抗癌剤が使用されますが、髪が抜け落ちたり、吐き気を催したりとさまざまな副作用がでる場合があります。治療を受ける前にしっかりとカウンセリングをしてリスクなどを知っておく必要があります。