女性
再発の可能性

癌が発症してしまった場合、人によっては再発する可能性があります。再発の中には癌の場所が変わる転移というものもあります。再発に備えた治療方法や対策を施すことが大切です。

Read more

脳の病気

脳動静脈奇形は先天性の病気です。脳の部分の血管に異常があり、動脈と静脈がつながった状態を指します。除去手術が大切ですが、難しい場合はガンマナイフとよばれる治療方法もあります。

Read more

先天性の病気

癌は転移をする可能性があります。そのため、しっかり摘出をしても、不安はのこります。しかし、予防をすることもできます。

世の中には様々な病気があり、軽いものからとても重たい病気まで様々にあります。骨肉腫になってしまっても、しっかり受診をしましょう。

血管の破裂によりリスクをどう捉えるかによって治療方法は異なります

脳動静脈奇形は先天性のものです。治療を行わなけれはそのまま病気が完治することは無い病気です。脳動静脈奇形が見られる患者さんは3%の確率で出血がおこり突然の吐き気や痙攣を引き起こします。くも膜下出血を起こし命にも係る原因となる恐ろしい疾患です。脳動静脈奇形を起こしている場所や大きさ、患者の年令によっても治療方針は異なります。治療におけるリスクをどう捉えるかは患者一人一人の生活スタイルによって判断をする必要があります。外科治療が可能であれば取り除くことが一番良い治療方法です。最近の治療方法はカテーテルといって血管から管をとおして脳動静脈奇形の場所で直接塞ぐという治療も大変有効とさてれいます。患者への負担が小さく短期間の治療で改善します。

脳動静脈奇形が能の深部にあって外科治療ができない

脳幹付近にある腫瘍や脳動静脈奇形においては外科手術が不可能になります。そのような患者には放射線治療という方法しか選択は残されていないのです。余りに大きい脳動静脈奇形では3%の確率で出血するという病巣を考えて様子をみて治療していく方法が採られることもあります。放射線治療はガンマナイフ治療といって脳動静脈奇形が起きている部位に数回放射線を当てることによって血流を止めてしまう治療歩法です。脳幹付近にあっっても施術が可能な治療方法です。ただし3cmが治療の限界であることと数年間に渡って放射線治療を行う必要があり、その間出血のリスクもあります。しかし治療を行わなければ命に関わる脳出血を未然に防ぐことはできないのです。